忍者ブログ
CD/DVD・音楽・映画情報
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

魔女の宅急便魔女の宅急便
出演:
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日 2001-06-08
オススメ度:★★★★★


1989年の宮崎駿監督による劇場用長編アニメーション作品。13歳になり、魔女の修業のために黒猫ジジとともに街を出る少女キキ。新たに住まいとして選んだ街で配達屋として暮らす中で、居候先のパン屋のオソノさん、空を飛ぶことにあこがれる少年トンボなど、さまざまな人との出会いをとおし、落ち込んだりしながらも魔女として、人として成長していく姿を描く。 修業に旅立つところから物語が始まるのだが、そのやや長めの場面で早速こちらを映画に引き込ませる。そしてほうきで飛び立ちスイッチを入れたラジオから荒井由実の「ルージュの伝言」が流れ、やっとタイトルが現れる。そのタイミングの見事さ。物語も演出も細部に至るまで実に丁寧に作られており、何度も繰り返し観たい作品になっている。(田中 元) 旅立ちのとき 2006-07-26 私は、高校を卒業して大学進学のために上京するとき、田舎からこのビデオを持ってきました。小中高の卒業アルバムを持ってくる代わりに。

自分のやりたいことが思うようにうまくいかないとき、何度もこの作品を観ました。そして何か失敗したときは「小さい頃は神様がいて〜」と、電車に乗って待ち合わせに向かうときは「あの人のママに会うために〜」と頭の中で歌っていました。
いい年した自分が、13歳のキキを重ねていたのも情けない気もしますが、それでも18歳〜から現在までの私を支えてくれた作品です。

最近のジブリ作品とは違って、メッセージ性が強くまたそのメッセージも分かりやすい作品だと思います。
≫ アニメWORLD ≪


PR
舞-乙HiME 9
出演:
バンダイビジュアル
発売日 2006-09-22
オススメ度:★★★★★


ついに蒼天の青玉が目覚める 2006-07-29  今回は、クライマックスの25〜26話です
録画した物を何度見ても、とても感動する回です
この回を観たことがない方は、”舞−HIME”
を復習の為にも見ておくことをお奨めします
関連するところが、多いので
 この後、秋頃にはOVAが出るとのことでこの後の話になる模様??
ともかく、素晴らしい作品でした
一度見始めると、最後までみてしまう
とても魅力に溢れた作品です
≫ アニメWORLD ≪


Fate/stay night 5Fate/stay night 5
出演:石原恵
ジェネオン エンタテインメント
発売日 2006-07-26
オススメ度:★★★★


アニメはアニメで 2006-08-10 ゲームに比べれば明らかに見劣りするアニメ版ですが、「Fateのアニメ」として見るのではなく「アニメ」として見ればそれなりの良作かと
赤い外套の人が一番好きな俺ですが、この巻には感激しました
本編では語られるコトの無かったバーサーカーVSアーチャー
やはり「無限の剣製」が発動しましたか
加えて「壊れた幻想」までぶっ放す彼に感涙致しました
死に様も見事。あそこで「unlimited blade works」のラストの様に本来の髪型に戻っていれば文句無しだったんですが…流石にそれは無かったか
ぶっちゃけ「Fate/staynight」は彼の物語と言っても過言では無いと思いますね
≫ アニメWORLD ≪


灼眼のシャナ 8灼眼のシャナ 8
出演:大塚舞 /小林靖子
ジェネオン エンタテインメント
発売日 2006-08-25
オススメ度:★★★★★


アニメ『灼眼のシャナ』DVDシリーズ最終巻です! 2006-05-23  この『灼眼のシャナ』のDVD第8巻でDVDシリーズは最後となります。
 この第8巻には、
 22話『揺らぐ炎』
 23話『星黎殿の戦い』
 24話『紅蓮の想い』
 
の3話が収録されています。
 この巻の見所はやはり最終話の『紅蓮の想い』だと思います。
詳しいことは書きませんが星黎殿での戦いと
悠二とシャナの結末を是非見届けてあげて下さい。
 
 これは、あんまり関係ないことですが最終話の前半の戦闘シーンでシャナのパンチラが少し気になりました。
 ほんの少しの時間でしたが最終話の戦闘シーンぐらい
ビシッと決めてほしかったです。

 それと『灼眼のシャナ』の劇場版にも期待したいです。
≫ アニメWORLD ≪


機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディションIII 運命の業火
出演:平井久司
バンダイビジュアル
発売日 2006-11-24
オススメ度:★★


SEED…それは世界観 2006-08-01 DESTINYは漠然に賛否両論ある作品であります。私はガンダムは1st→Z→W→SEED→DESTINYしか観たことがありませんが内容は1stがダントツなんですが…なんかSEED系の世界観が好きです。内容は確かにどうかと思いますけど…結局はスペシャルエディション全巻揃えちゃう自分が見えます。かなり自己満足的な部分がありますがTV版集めるよりはお得だし、いつものグダグダ感が多少圧縮されているので個人的には「買い」です。あるんだかないんだか判らない追加映像もありますしね!例え内容はどうあれ1度しか観なくとも手元に置いておきたい人だけどうぞ♪あなたの自由です!
≫ アニメWORLD ≪


NEON GENESIS EVANGELION MUSIC & REMIX DVD ツインパック 初回限定版NEON GENESIS EVANGELION MUSIC & REMIX DVD ツインパック 初回限定版
出演:エヴァンゲリオン
キングレコード
発売日 2006-08-12
オススメ度:★★★★


好き嫌いが分かれる作品 2006-08-17 「MUSIC DVD」は本編の数カットを利用して曲をイメージした映像を作っている、
いわゆるEVA版プロモーションビデオのような感じです。
「01 TEST-TYPE」に収録されている「残酷な天使のテーゼ」のフルサイズは、
曲がアップテンポなのでカット割が早くても、曲と映像がシンクロしていてカッコイイのですが、
今回収録されている4曲は、わりとスローテンポな曲が多いので、
すばやいカット割には少々合っていない感じがしました。

「remix」は本編を元にした音楽と映像を融合させた新しい作品です。
曲・映像共にエヴァの原型を留めていない所がいくつかある為、
エヴァを純粋に好きな人にとっては受け入れられないかも知れませんが、
クラブやビートマニアなどでビジュアルエフェクト(?)に慣れ親しんでいる人には
純粋にカッコイイものとして受け入れられると思います。

両DVDとも収録曲が少ない上に、好き嫌いが分かれる作品なので値段を考えても★3つくらいだと思います。
≫ アニメWORLD ≪


天空の城ラピュタ天空の城ラピュタ
出演:
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日 2002-10-04
オススメ度:★★★★★


空から少女が落ちてくる―! 少年パズーがその少女を助けたことで物語は幕を開ける。少女の名はシータ。空の海賊一味となぞの黒眼鏡の男達に追われていた。シータが持っていた「飛行石」の神秘的な輝きに導かれ、2人はやがて、天に浮かぶ伝説の城「ラピュタ」に足を踏み入れることになる…。 『未来少年コナン』や『ルパン3世カリオストロの城』など、「マンガ映画」と形容するにふさわしい、いきいきとした作品を手がけてきた宮崎駿が、またしてもその天性を発揮したのがこの作品。彼の作品にしばしば登場する「空を飛ぶ」というモチーフを物語の中心に据え、昔ながらの胸躍る冒険活劇に仕立てあげた。まっすぐで行動力あふれる少年、可憐(かれん)でしんの強い少女、一見怖そうだが愛すべき悪党たち、など宮崎アニメでおなじみの要素がほかにも盛りだくさんの娯楽作品だ。(安川正吾) カットされたシーン 2006-08-06 解説する必要もないでしょう。宮崎駿の最高傑作です。
上映時は中学2年でしたが、あまりのすばらしさに丸一日映画館にこもり、次の週も朝から晩まで映画館にいて、計8回(同時上映の名探偵ホームズも)見ました。
ちょっと自慢です。
(当時はアニメ映画をみるのはちょっと勇気のいることであった。)
細かいことなのですが、テレビ放送ではカットされている部分があるので見るたびに気になってしまいます。

・序盤の、汽車とオートモービルのおっかけっこで、バズーが「おじさんブレーキ」と叫んで、一度機関車と貨車を近づけさせて、連結部分をはずしていた。
・ムスカがシータに言ったセリフ「こいつは君の手元にあるときしか働かない。(これカット→)おかげで兵士を一人だめにしたよ。」

ほかにもあるかも。
特に「ブレーキ」のシーンはあったほうが自然だし、バズーとおじさんの機転が利いててよかったと思うけど、わかりにくいのでカットになったんでしょうね。
≫ アニメWORLD ≪


白雪姫白雪姫
出演:
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日 2006-07-26
オススメ度:★★★★★


映画史上初の長編アニメーションであり、今なお色褪せることなく君臨するディズニー映画不朽の名作。原作はグリム童話でもおなじみの物語。白雪姫の美しさに嫉妬した森の女王の魔の手を逃れて森へ逃げ込んだ白雪姫は、7人の小人に助けられるが、女王は老婆に化けて毒リンゴを彼女に食べさせてしまう…。 まずライヴアクションを撮影し、その動作を分解して作画を施すという、現在のCG映画などでは一般的手法を、早くも導入していたことが驚きである。38年度のアカデミー賞特別賞を受賞。ぽっちゃり愛らしい白雪姫と、個々のキャラクターも明確に「ハイホー」などの名曲を歌う小人たちとの交流シーンの微笑ましさ。ディズニー・ミュージカルの伝統は、長編第1作目にしてすでに始まっていた。とにもかくにも「名作」という響きが何よりふさわしい傑作だ。(的田也寸志) おすすめですよ 2006-08-01 発売日前に予約をして、発売の翌日にはアマゾンから届いていました。(びっくり)。4歳の息子と家族で見ました。物語のあらすじは知っていたけれど、あらためて見ることで、子供のときを思い出し、親子二代で楽しめました。小鳥たちがお花を運んで来るシーンは、ディズニーらしく夢が広がる感じが良いです。また7人の小人たちが個性豊かで、息子は楽しんで見ていました。ハイホーハイホー♪のシーンはリズムに合わせて、家族で行進しながら踊ってしまうほど、楽しめました。
≫ アニメWORLD ≪


蟲師 初回限定特装版 第五集蟲師 初回限定特装版 第五集
出演:馬越嘉彦
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
発売日 2006-09-27
オススメ度:★★★★★


完成されたシリーズになりました 2006-07-27 BS放送だった21話〜26話が収録された最終巻です。
先日幸運にもDVD試写会「蟲の宴」に参加でき、観る事が出来ました。
クオリティは落ちていないどころか、更に上がっていたと思います。
スクリーンでの鑑賞とDVDではまた印象が違うと思うので、届くのが大変楽しみです。

特に、光るものの表現が大変美しく、独特でした。
(沖つ宮の「粒」、篝野行の「影火」、草を踏む音の「霧」など)
ストーリーも蟲師中でも劇的な話が揃っており(ギンコが色々な災難に遭ったりして....)飽きません。
原作と違う話数の並びも、最後の締めとして納得のいく並べ方で、期待通り観賞後の余韻も最高でした。
≫ アニメWORLD ≪




忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新CM
プロフィール
HN:
総一郎
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索