忍者ブログ
CD/DVD・音楽・映画情報
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

姫トランス姫トランス
オムニバス
東芝EMI
発売日 2006-01-25
オススメ度:★★★★★




このお値段でこの内容はお得! 2006-02-11
なつかしの曲から最近の曲まで人気曲ばかりなので、とても聞きやすかったです。こういうふうにリミックスされてるのかと遊び心たっぷりの一枚ですよ♪なによりこのお値段でこの内容はお得です。車で聞くのが一番気持ちいいかも?


さらに詳しい情報はコチラ≫


PR
トランス・レヴォリューション~The Best Of Trance Traxトランス・レヴォリューション~The Best Of Trance Trax
オムニバス
BMG JAPAN
発売日 2006-05-24
オススメ度:★★★★★




大満足のCDでしたぁ 2006-05-31
いろいろトランスのCDを聴きましたが、このアルバムはとても聴き易かったと思います。知っている曲が多いのもありますが、知らない曲もすぐに気に入りました!「クスチョン・オブ・オナー」(サッカー番組のテーマ)とかW杯で盛り上がっている時はタイムリーですね。「PIECE OF MY WISH」や「パープル・タウン」(!)他の邦楽の大ヒットのトランスが聴けたのも嬉しいです。少し大人の方(私も少しだけ大人です)も十分に楽しめるかも。パッケージも可愛くて素敵。


さらに詳しい情報はコチラ≫


リベレイション・トランスミッション(初回生産限定盤)(DVD付)
ロストプロフェッツ
ソニーミュージックエンタテインメント
発売日 2006-06-14
オススメ度:★★★★




新しい方向性★ 2006-06-25
 ラウドな曲が好きでファーストからチェックしてきた自分ですが、今回のアルバムは全体的にポップに仕上がっている感じがして、最初は少々がっかりした感もありました。

 しかし、それでも際立つのは彼らのメロディセンス!

 臨場感溢れる曲構成・疾走感・哀愁。聴きこんでいくうちに虜になってました!ここでこう来るか、という曲進行の意外性。

 お勧め曲は、

#1"EVERYDAY COMBAT"

#3"THE NEW TRANSMISSION"

#4"ROOFTOPS"

#10"FOR ALL THESE TIMES..."



               Lostprophetsサイコー!!!!!


さらに詳しい情報はコチラ≫


超ロボット生命体 トランスフォーマー テーマソングコレクション超ロボット生命体 トランスフォーマー テーマソングコレクション
アニメ主題歌
コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日 2003-08-20
オススメ度:★★★★★




勢ぞろい!! 2005-12-15
1986年放映開始の『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』を始めとする、トランスフォーマーシリーズのOP・EDの集大成。

(2003年放映の「マイクロン伝説」まで)

放映開始からのファンが待って待って待ち望んだCDと言えます。

※ただし「トランスフォーマー・ザ・ムービー」と言う初作と2010の間の映画に関する曲は一切入っていません。



約20年の展開、(視聴者の)対象年齢意識による差、シリーズごとに違ったモチーフや主軸となるテーマ。

そんなわけで「トランスフォーマー」の世界を歌いつつも個々の差は激しく、非常にバラエティに富んでおります。

意外にも「ビーストウォーズシリーズ」の歌が多い(全体の約3分の1)ので驚きました。

OVA〜劇場版、近年のものまで収録と言うことで、テレビシリーズを全部見ていたという方でも知らない曲は多いでしょう。

しかしどれもあらゆる意味で「トランスフォーマー」をよく表しているし、素敵な歌ばかり!

地球を宇宙を舞台として、ロボットである生命体「トランスフォーマー」が繰り広げてきた物語を、十二分に堪能できる最高のCDです!


さらに詳しい情報はコチラ≫


エリア88-ミッション・サイバートランス-(CCCD)エリア88-ミッション・サイバートランス-(CCCD)
TVサントラ
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
発売日 2004-03-17
オススメ度:★★




Cyber Tranceの中でもピカイチ 2004-03-18
 最近、Cyber Tranceの勢いがなくなってきたと思っていました。09が久々にいいなと思っていたら!!!これは、切れ味がいい!!!クラッシクを32beatで135ppmでいくと以外に乗れる。何か物悲しくセツナクく聞こえる。それが「エリア88」の主人公シンの物悲しさを物語る。最近のハリウッド映画は、ハイライトではクラシックが使われると非常に効果的である。何かその傾向を意識しているのかな?
 とりあえず、カーステのヘビー・ローテーションに間違いない!
 


さらに詳しい情報はコチラ≫




忍者ブログ [PR]
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
プロフィール
HN:
総一郎
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索